• Home
  • タグ: ロイヤリティ

のれん分け×フランチャイズ「のれんチャイズ」とは

わが国で古くからある「暖簾」は、飲食店では今でも
お店の前に開店と同時に吊り下げられるものです。

のれんをかける

そのお店がどんなお店でどんな特徴があるかを示しています。

「のれん分け」とは、そのお店で長年の貢献を主人が認めたときに
お店ののれんをしっかり守ってくれるように、家人や奉公人に
お店を譲ることを言います。

今も受け継がれており、ビジネス世界でも優秀なスタッフなどの
お店を譲るという事で使われているのです。

フランチャイズは、事業の仕組みやノウハウを提供し、
その対価で加盟金などのロイヤリティをとるサービスです。

競争優位の戦略で、独立した暖簾を利用して、全くの初心者でも
本部の指導の下に独立した固体として営業ができます。

一見「のれん分け」に似ていますが違ったものです。
独立して商売をするわけですから、会計用語「のれん」という
システムを、第三者にフランチャイズでわかりやすくしているのです。

従って、会計用語「のれん」自体が商売を続ける拠り所になっているのです。

フランチャイズと「のれん分け」双方にメリットもありデメリットもあります。

「のれん分け」のデメリットは、暖簾い傷をつける行為や
経営方針の逸脱で分裂してしまうケースもあります。

そこで、双方のデメリットの部分を補うということを
目指して融合する、「のれんチャイズ」という新しい形態が生まれました。

加盟者の利益を保護しながら独自性を認めるという制度で、
二つの制度のメリットだけを取り入れた制度になっています。

のれんチャイズの例

のれんチャイズとは?

のれんチャイズは、全く新しい仕組みになります。
この制度を取り入れた「大阪王将」の例では、
「ロイヤルティの支払い不要!」を掲げています。

のれんチャイズの形をとることで、ロイヤリティを発生させる代わりに
1%の商標使用料を支払うということになっています。

この形態では独立が確保され、会計用語「のれん」を
使わせてもらう対価を支払うことになります。

しかも、「大阪王将」ではさらにメニュー開発や販売が
自由に行える余地があるというのも魅力になっています。

本来フランチャイズのお店では、全国統一のメニュー・やり方を
守ることが前提になっているのを、のれんチャイズという形で
打ち破っているのです。

お店の個性を存分に発揮して店を繁盛させることも可能なのです。

これは従来の暖簾の考え方にも通じるものです。
主人が認めた技術を習得した職人が、自分の裁量で独自の
店づくりができるのです。

店の個性を出したいと考えているフランチャイズの店主も多いです。

それができないのがフランチャイズを経営するオーナーの悩みでもあります。
新しい形でののれんチャイズは各方面で注目を浴びています。

古い経営にはない独自性を出していけるかが成功のカギとなります。
のれん分けにはない厳しさがあるのも事実です。