• Home
  • タグ: オリジナル

半暖簾の役割とは|短さは「入りやすさ」を演出!

「半暖簾」という言葉が登場して久しいですが、
様々な飲食店でこの半暖簾を使用するお店が増えてきました。

半暖簾というのは、通常ののれんのサイズの半分程度です。
一般的なのれんのサイズが平均して113cmなのに対して、
半暖簾はその半分の56cmほどしか無い短いサイズとなっています。

半のれんのサイズ

半暖簾を店の入口に掲げると、平均的な日本人男性の顔の部分に
当たるということから、暖簾をくぐるという言葉が生まれたと
いわれています。

通常、飲食店等の店をかまえる場合には、オリジナルの暖簾を制作します。

そのようなとき、通常よりも半分の長さの半暖簾を選ぶ店が増えました。
その理由として、通常サイズの暖簾では、お客さんが入店しても
中の様子をうかがうことができませんが、半暖簾であれば
来客があると店内の様子が見えるようになります。

それを見た人がその店に引き寄せられるように入店するため、
その入りやすさからオリジナルの半暖簾を製作を依頼する飲食店が
増えたことで、この短いタイプのものが普及するに至ったと
いわれているのです。

かつては日除け目的で長いものが使われていましたが、
現在では多くの飲食店で短いタイプを好んで使用するように
変化したのです。

半暖簾が活躍している場面

半暖簾が使用されている場面というのは、飲食店などに多いです。
また、和菓子屋や路面店など商品を通行人に対して見せることで
アピールし、集客につなげることが出来るというメリットから
通常の長さのものよりも短いタイプの半暖簾が、飲食店では
好まれて使用されています。

例を挙げると、ラーメン店や寿司屋や蕎麦屋、そしておだんご屋と
いったところで大いに活躍しているのがこの短いタイプの暖簾です。

なぜこのような半暖簾が選ばれているかと言えば、店内の様子を
通行人にチラ見せするためであるといわれています。

ちょっと敷居が高そうな店や新しい店、人が入っているのか
よくわからないような店の場合、どうしても入りにくさを
感じてしまいます。

そこに一人の客が現れて、入り口を開けることで、中の様子を
通行人が見ることが出来るようになるのです。

中の様子

そこで人がたくさん入っていたり、賑わっている様子が
チラリとみえるだけでも、その店に入ってみようかという
気にさせてくれるのです。

最近では、こうした理由から、飲食店ではオリジナルの半暖簾の
製作を依頼するケースが増えており、飲食店では通常サイズの
ものよりも、半分のサイズである半暖簾の需要が高まっているのです。