石川県の婚礼の風習「花嫁のれん」とは?

  • Home
  • 知ると楽しいのれんについて

石川県では、古くから婚礼の風習が多くの地域住民の間に浸透しています。

婚礼をする当日に、花嫁が仏間の入り口にかけられたのれんをくぐって
先祖に対して結婚の報告を行うことを花のれんといいます。

その後、一週間にわたってそれをかけている間に、祖先の霊に
感謝の気持ちと報告を行い、近隣住民たちにも家紋を明示することになるのです。

儀式に使用されているものは、結婚が決まった際に
新婦側が個別に発注してオリジナルを製作しています。

嫁入り道具として欠かすことのできない
大切な伝統的なアイテムとなっているのです。

高級感を感じさせる上質な素材の加賀友禅で仕立てられていることが
多く、新婦の実家の家紋が染められていることが大きな特徴といえます。

最近では、母親が自分がかつて使用した花嫁のれんを
娘に譲りわたすケースが増えているのです。

親子の絆や先祖への感謝の念を再確認できる素晴らしい風習として
幅広い年齢層の男女たちの間で親しまれているといえます。

男女

これからも、オリジナル商品の製作を進めていくことによって
若い世代にまで知名度は高まっているのです。

お洒落で洗練された商品を数多く提供して、あらゆる人々から
圧倒的な人気を集めているといえます。

花嫁のれんを使った町おこしも盛ん!

近ごろでは、花嫁のれんを上手に活用することによって
町おこしにも大いに役立てています。

美しい色味や柄を施した布地は、女性たちからも
熱狂的な支持を誇っているのです。

家庭のあらゆる場所でも使いやすく、華やかな雰囲気を
醸し出すことにつながる
と喜ばれています。

また、石川県の街並みには多くののれんが飾られていて、
明るく素敵な空間を演出しているのです。

観光客も数多く訪れて、目を楽しませています。

さらに、独自の伝統を広い世界にまで知らしめることができる
メリットがあります。格式の高さと趣深さを実感して
先祖への尊敬の気持ちを表すことに結びついているのです。

口コミによる評判は、年々急速に高まってきています。

このように、非常に珍しく重厚な気分を味わえる町おこしは
多くの人々から絶大な信頼と満足度を誇っているのです。

これからも、子供から大人までさまざまな年代の人が参加できる
大きなイベントとして、親しまれていくことになります。

その人気はより一層増していきます。
製作期間が短く、安心して任せられると花嫁側の家族からも
厚い信頼を寄せられているのです。

何でも相談できて頼り甲斐のある存在として
心強い味方となっているといえます。